ダイソー油吸着材「わたぐも」のご紹介!雑誌LDK「100均 キッチングッズ 2021年プチプラ大賞」受賞!(2021年11月情報)

1枚で600mLの油を吸収すると話題の、ダイソー油吸着材! 揚げ物処理が楽ちんになる「わたぐも」についてまとめました!

文化部とったこハムタロス | 2021年11月15日 更新 | 2,092 view

シュウシュウおすすめダイソー商品「わたぐも」のご紹介

 (126275)

1枚で600mLの油を吸収すると話題の、ダイソー油吸着材「わたぐも」値段は、110円をご紹介します。

油を吸うわた、「わたぐも」とは?

 (126281)

油吸着材「わたぐも」の優秀すぎるポイント!

使いたいぶんだけちぎって使える!

 (126299)

わたぐもは、使用した油の量に合わせて使いたい分だけちぎって使えるんです!
キッチンペーパーを何枚も使用するような油でも、これなら使いたい量を調節できるのでコスパ最高なんです!

使ったあとは、可燃物として処理できる!

 (126303)

しっかりと油を吸収し、吸収した油がたれにくいので、そのまま袋に入れてポイッ!
これなら揚げ物料理も気軽にできそうですね~!

油の吸収量がスゴイ!

 (126305)

ナノ繊維で作られているので、わずか12gで600mlの油を吸うことができるんです!
しかも、水をはじき油だけを吸ってくれるという優れもの!
ホットプレートやアウトドアなどでも活躍できそうですね!

キッチン周りのちょっとしたお掃除に使える!

 (126371)

フライパンだけではなく、キッチン周りに飛び散った油汚れ掃除にも使えるんです!
キッチンペーパー使うほどでもないよな~っていうときに、「わたぐも」なら少量ちぎって使えるから罪悪感なく使えますね~!

「わたぐも」の口コミ・話題を紹介

お菓子みたいなのに超優秀 油の処理で困ったらダイソーのわたぐも

人気商品なので売り切れ続出ですよね・・・。
見つけられたならツイてますねー!

使いたい分だけちぎって入れるだけだから、楽チンですよね~!
「わたぐも」という名前つけた人、名づけのセンスありますよね!

見た目、わたあめですよね~!
売り切れ続出なので、見つけたら即買いです!

一見ただの綿に見えますが、スゴイんですよねー!
ボトルに入れておけば、使いやすくて持ち運び出来て便利ですね!
31 件



関連する記事 こんな記事も人気です♪

100円ショップ「ダイソー」新商品情報!キッチングッズから文房具まで新商品満載!(2022年10月)

100円ショップ「ダイソー」新商品情報!キッチングッズから文房具まで新商品満載!(2022年10月)

大人気100円ショップダイソーの新商品情報、気になりますよね~! 人気商品はすぐに売り切れるので情報をチェックして早めにゲットしましょう。 今回は、雑誌LDK「ダイソー新商品パトロール」に掲載されている情報を参考に、商品のご紹介をします。
100均キッチン収納 山崎実業「tower」vs ダイソー「ONE」対決「冷蔵庫小物」編(2022年5月まとめ)

100均キッチン収納 山崎実業「tower」vs ダイソー「ONE」対決「冷蔵庫小物」編(2022年5月まとめ)

キッチンの便利グッズ、100均にたくさんありますよね。 100均以外にも似たような商品はありますが、実際のところどうなのか気になりますよね。 今回は、山崎実業「tower」vs ダイソー「ONE」キッチングッズ対決です。
100均よりオシャレに!プチプラ雑貨ショップ「ナチュラルキッチン」特集(東京編 2022年5月)

100均よりオシャレに!プチプラ雑貨ショップ「ナチュラルキッチン」特集(東京編 2022年5月)

2001年にスタートしたナチュラルキッチンをご紹介いたします☆シンプルだけどおしゃれなキッチングッズや雑貨がお手頃価格で手に入るんです(^_-)-☆
ともこ&コマツ | 352 view
「ワッツ」のちいかわ 100均プチプラグッズ紹介(2022年2月調べ)

「ワッツ」のちいかわ 100均プチプラグッズ紹介(2022年2月調べ)

人気のちいかわ、癒しキャラですよね~。グッズもたくさん発売されていますね。 今回は、100円ショップ「ワッツ」で人気のちいかわグッズを調査しました。
ダイソーONE「お玉&菜箸スタンド」のご紹介!雑誌LDK「100均 収納編 2021年プチプラ大賞」受賞!(2021年11月)

ダイソーONE「お玉&菜箸スタンド」のご紹介!雑誌LDK「100均 収納編 2021年プチプラ大賞」受賞!(2021年11月)

プチプラ収納で話題のダイソーONEから、調理中にあると便利! 見た目もオシャレと話題の「お玉&菜箸スタンド」についてまとめました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

文化部とったこハムタロス 文化部とったこハムタロス






TOP