当ページのリンクには広告が含まれています

大創産業が台湾台北市に3ブランドの複合店を初出店しました(2024年5月情報)

  • URLをコピーしました!

株式会社大創産業は、2024年5月4日(土)に台湾台北市の地下鉄忠孝敦化駅近くのデパート「明曜百貨」に、同市初の3ブランド複合店をオープンしました。この新店舗では、大創産業の主要ブランドである「DAISO(ダイソー)」、「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)」、「THREEPPY(スリーピー)」が一堂に会し、多彩な商品を提供します。

現在、台湾全体でDAISO79店舗、Standard Products3店舗、THREEPPY10店舗、合計92店舗を展開しております。

1992年創業の老舗デパート「明曜百貨」は、多くのアパレルチェーンが並ぶ忠孝敦化駅から徒歩2分の好立地にあります。2002年から出店しているDAISOは、暮らしを楽しくするアイデアあふれる生活必需品を揃え、多くのお客様にご利用されています。

このたび、DAISOに加え、日本の国内産業とコラボレーションした商品や環境に配慮した商品を扱う「Standard Products」、トレンドカラーで暮らしに彩りを添える商品を取り揃えた「THREEPPY」が新たに加わりました。

明曜百貨店 店舗概要

名称と売場面積:

DAISO明曜百貨店 151坪(約499平方メートル)

Standard Products明曜百貨店 75坪(約151平方メートル)

THREEPPY明曜百貨店 30坪(約100平方メートル)

営業時間:11:00~22:00(現地時間)

休業日:なし ※明曜百貨に準じる

住所:台北市大安區忠孝東路四段200号9楼

オープン:2024年5月4日(土) ※DAISOは4月6日に先行オープン。

目次

Standard Products とは

Standard Products は、「ちょっといいのが、ずっといい」をコンセプトに掲げ、良質で心地よい商品を提供することを目指すブランドです。

環境に配慮した商品開発や店舗作りに注力し、2021年3月には東京都にその1号店を開店しました。さらに、2022年5月には海外展開を果たし、初の海外店舗をシンガポールにオープン。今後も、良質で心地よい商品や、サステナビリティと環境問題に配慮した商品を提供することで、豊かな社会の実現に向けて積極的に貢献していく方針です。

THREEPPY とは

THREEPPY は、“あいらしい。そして私らしい。”をコンセプトに掲げるこのブランドで、グレーやピンク、ミントなどのくすみトレンドカラーを取り入れたアクセサリー、インテリア、食器、ファッション雑貨などを提供しています。

取り扱う約2,400品のうち約9割がオリジナル商品であり、今後全商品のオリジナル化を目指しています。

この記事を書いた人

女性のライフスタイルやキャリア・カルチャーなどを担当するシュウシュウガール編集部チームです。最近はガチャガチャ情報や100均情報などかわいい・面白いものをニュースにしてお届けしています。

コメント

コメントする

目次