当ページのリンクには広告が含まれています

【50代前後の女性に調査】コロナ禍後の食事について(時短のための工夫とは?)

  • URLをコピーしました!

株式会社アットテーブルはこのほど、自分らしい働き方を支援する女性向けコミュニティサイトを展開する株式会社キャリア・マムの全国の45歳から64歳の女性会員300人を対象に、新型コロナウイルスの影響下での料理法や食生活に関する調査を実施しました。

アットテーブルは食品スーパーや総合スーパーへのコンサルティングを行う企業で、今回の調査結果は商品開発やマーケティングに活かされることが予想されます。さまざまな変化に対応する女性たちの現在の食生活について、詳しい内容は引き続き注目されるところです。

目次

調査結果サマリー

普段、料理や食事について行っている、工夫・手抜き・時短術は?

・冷凍食品を使っている 53.7%

・動画サイトで紹介されているレシピを参考にしている 36%

・よく利用する調理器具の1位はみじん切り器・野菜カッター・チョッパー、2位は電子レンジ用パスタ調理器

食生活の変化に関して

・意識的に食べるようにしている食品は、豆・納豆・豆腐が1位、2位が野菜

・意識的に減らしている食品の1位は炭水化物(ご飯やパン)、2位は全体的に食べる量を減らす

普段の食事での工夫・手抜き・時短術について

冷凍食品の利用が半数以上

冷凍食品の利用者が53.7%で半数以上に上り、総菜の利用が38.5%、レトルト食品の利用が35.3%を占めています。こうした状況は、出社の機会が増える中で、より一層時間短縮や労力を省ける商品が求められる傾向を示しており、食生活の変化が明らかになりつつあります。

3割以上の方が調理の時レシピ動画を利用

「動画サイトで紹介されるレシピを参照している」という回答は全体の36%に上り、手軽な冷凍保存や電子レンジでの調理が32.2%として確認され、食事の準備と片付けの時短を実現するワンプレートでの食事が28.6%で利用されています。

現代の食生活において、こうした省エネルギーかつ効率的な食事準備方法は更に普及していくと予想されます。様々な料理のアイデアを得ることができる動画サイトに注目が集まる中、多忙な日々を過ごす女性たちにとって、食事の工夫はますます重要なポイントとなっています。

調理には100均の便利グッズや電子レンジ用調理器具を利用

簡単に野菜を刻めるみじん切り器やチョッパーが25.3%で最も利用されており、次いで電子レンジで手軽にパスタが作れる専用調理器が21.0%、フライパン用調理シートが17.7%と続いています。

これらの調理器具の人気は、時間を効率よく利用したいという現代女性のニーズを反映していると考えられます。例えば、みじん切り器なら、野菜を刻む手間が省けますし、フライパン用調理シートを使えば、料理後の洗い物が減らせるためです。

更には、電子レンジを使用した調理が増加しており、即席めんやご飯を簡単に調理できる専用器具も話題になっています。こうした状況から、電子レンジが従来の鍋やフライパンに代わる調理器具として、同等またはそれ以上の重要性を持つようになってきたことがうかがえます。

ここ数年の食生活の変化について

まとめ

健康を意識した食生活への変化が見受けられるようです。

豆製品や野菜、乳酸菌飲料などを積極的に摂取する人が増加傾向にある一方で、炭水化物や脂質、アルコールといった食べ物や飲み物の摂取量を減らしています。特にご飯やパンなどの主食量を絞り込むことは、糖質ダイエットの普及と関連があると考えられます。

加えて、コロナ禍の生活様式の変化により、健康に対する意識が高まり、アルコール消費の抑制も目立ちます。

45歳から64歳の女性は更年期の影響を受けていることもあり、健康上の不安が一層強まっている可能性があります。そのため、体調管理に一層の注意を払い、食事量の制限やホルモンバランスを整える食品の積極的な摂取を心がけている状況がうかがえます。この年代の食生活の変化は、今後の食品産業に影響を与える重要な要素となるでしょう。

現代社会で活躍する50代前後の女性たちが、有職率70%を超える一方で、仕事と家庭の両立に奔走しています。忙しい毎日を送る中、彼女たちの時間を効率良く使うための一助となっているのが、冷凍食品や総菜、インスタント食品です。新型コロナウイルスの影響でこの傾向が加速し、美味しくて種類豊富な冷凍食品や総菜が人気を集め、使用する女性が増えていることが予想されます。

また、電子レンジを使った調理法は、これまで以上に「時短」「手間なし」のキーワードと共に重宝されています。SNSでは電子レンジを活用した簡単レシピが流行し、中学生から社会人までの子どもを持つ半数以上の家庭で時短術が定着している様子です。

この動向を受け、飲食メーカーは電子レンジを使った新たな料理方法のレシピを提供することで、時短ニーズに応えています。

男性の家事参加が増えつつあるものの、多くの女性が日々の家事負担に追われているのが現状です。そこで必要とされるのは、更なる時間短縮を可能にするサービスや、健康に配慮された商品の開発。女性たちの生活の質を支え、向上させる努力が今後も続けられることが期待されています。

50代前後(45~64歳)の女性 属性特徴

調査の概要

  • 調査時期: 2023年11月1日(水)~11月12日(日)
  • 調査方法: インターネットを通じたアンケート
  • 対象者: 株式会社キャリア・マムの会員である女性
  • 有効回答: 300人(45歳から64歳の女性、全国各地から)

この記事を書いた人

女性のライフスタイルやキャリア・カルチャーなどを担当するシュウシュウガール編集部チームです。最近はガチャガチャ情報や100均情報などかわいい・面白いものをニュースにしてお届けしています。

コメント

コメントする

目次