当ページのリンクには広告が含まれています

4/23発売☆医師免許を持つ芸人しゅんしゅんクリニックP執筆の医療エッセイ『40歳を過ぎるとなぜ健康の話ばかりしてしまうのか?』(2024年4月情報)

  • URLをコピーしました!
装画:すぐる画伯 ※デザインは変更になる場合がございます
目次

『40歳を過ぎるとなぜ健康の話ばかりしてしまうのか?』の内容紹介

目次

まず「はじめに」-40歳前後で訪れる健康の転機について-

第1章 僕らが健康なふりをやめる理由

第2章 乱れた生活習慣の転機予報

第3章 耳をすませば聴こえてくる心の声

第4章 外見コンプレックスからの解放

永い「おわりに」-50歳以降の幸せについて-

血圧を軽んじる者はいつか血圧に泣く/あなたが健康診断に行かない理由をズバリ当てます/喫煙者はタバコの一利を探しがち/座りすぎが老化への第一歩/ひとごとではない男女の更年期/生理について何も知らない男性は時代遅れです/“プチ整形”という新しい選択肢 ほか

40代は健康になるための最後のチャンス!?

体調不良を見過ごし、元気なふりを続けるアラフォーの男女が増加している!? 40代に入った筆者が、医療現場とお笑いの世界で得た経験を基に、豊富な医療知識や医療界の面白話を交えながら、生活習慣の改善方法、メンタルヘルス、美容の悩みへのアプローチ方法を紹介します。これはまさに“読むための処方箋”と言える書籍です!

もちろん、すべての年代において健康を考えるのは大切なことです。
そのうえで誤解を恐れずに言うと、経済的にも体力的にも余力のあるアラフォー世代は、価値観や生活習慣を改善するのに絶好のターニングポイントともいえます。
とはいえ、簡単で、気軽に始められるものでないと全く響かない&続かない頑固者が多いということもわかっています。なんせ同世代ですから!(「はじめに」より一部抜粋)

『40歳を過ぎるとなぜ健康の話ばかりしてしまうのか?』の概要

発行:ヨシモトブックス 発売:株式会社ワニブックス

2024年4月23日発売 定価1540円(税込)

四六判・並製/196P

ISBN978-4-8470-7408-0  C0077

Amazon商品ページURL:https://www.amazon.co.jp/dp/4847074084

しゅんしゅんクリニックP」とは

1983年7月2日に群馬県前橋市で生まれた彼は、吉本興業に所属し、医師とお笑い芸人の二足のわらじを履く個性派。また、アイドルグループ「吉本坂46」の一員でもある。

群馬大学医学部を2008年に卒業し、その後、NSC東京校で16期生として学んだ。2011年には漫才デュオ「フレミング」を結成し、主に舞台で活躍。しかし2016年にコンビを解散し、ピン芸人として新たなスタートを切る。その後、「ヘイヘイドクター」という医者の日常を題材にした歌とダンスのネタで人気を博し、テレビや舞台、YouTubeを始め、様々な場で活躍している。

また、「医者とおばあちゃん」という漫才ユニットで、史上最高齢で神保町よしもと漫才劇場に所属するなど、芸人としての幅を広げている。

芸人活動だけでなく、医師としても都内近郊のクリニック(内科・美容皮膚科)で勤務し、臨床現場での経験を活かしてYouTubeで医療情報を提供するなど、多岐にわたる活動を展開している。

この記事を書いた人

女性のライフスタイルやキャリア・カルチャーなどを担当するシュウシュウガール編集部チームです。最近はガチャガチャ情報や100均情報などかわいい・面白いものをニュースにしてお届けしています。

コメント

コメントする

目次