当ページのリンクには広告が含まれています

梅雨入りの前にやっておきたい「自宅の換気」(2024年5月情報)

  • URLをコピーしました!

桜の季節が終わり、一気に気温が上昇し、いよいよ梅雨の到来が迫っています。この時期最も気になるのが、ジメジメとした湿気への対策ではないでしょうか。皆さんは梅雨の前に、どのような換気対策を施していますか?

今回、梅雨期間中の快適な過ごし方を模索するため、自宅での換気方法に関するアンケート調査が、公開されました!様々な意見やアイデアが寄せられ、湿気対策や換気・通気効率の向上について、新たな視点が見えてくるでしょう。

回答者の皆様の実践的なアドバイスをもとに、これからの梅雨対策に役立つ情報をお届けします。

目次

「梅雨の前にやっておきたい換気」に関するアンケート調査概要

調査対象:トランクルームユーザー調査

回答数:400サンプル

回答期間:2024年4月9日から4月12日までの5日間

調査方法:インターネットによるユーザーリサーチ

調査機関:自社調査

※本アンケートの出典元:(株式会社アンビシャス》https://www.ambitious8.biz/))調べ

「梅雨の前にやっておきたい換気」に関するアンケート結果

今回の調査では、全国の住民を対象にアンケートを実施しました。中でも、回答者の中で最も多かったのは関東地方からの参加者で、全体の37.3%を占めました。このため、分析結果は特に関東地方におけるデータを中心に展開していきます。

梅雨がくる前に自宅内を換気しているか

梅雨前の自宅換気に関するアンケート調査によると、「換気をしている」または「時々換気をしている」と答えた方は、関東で87.2%、全国で87.0%にのぼりました。

詳細は以下の通りです。

  • 換気をしている(「はい」と回答):関東53.7%、全国43.5%
  • 時々換気をしている:関東33.6%、全国43.5%

この結果から、関東地方の住民は全国と比較して換気をより積極的に行っていることがわかります。

さらに、関東地域別のデータでは、埼玉県南部で92.3%、東京都23区外で88.9%、神奈川県東部で88.0%と高い割合で換気が実施されていることが明らかになりました。

また、関東の住環境タイプ別のデータによると、単身向けマンションで95.8%、ファミリー向けマンションで88.9%、ファミリー向けアパートで87.5%と、高い割合で換気が行われていることがわかりました。

梅雨の前に自宅のどこを喚起しているか

【家庭の換気実態に関する最新調査】最近のアンケートによると、家全体の換気を心がけている家族が多いことが明らかになりました。特に関東地方では、約6割の方々(関東62.3%・全国58.5%)が「家全体」を換気することを最優先しています。

地域別の詳細では、東京都23区内(76.5%)、千葉県湾岸部(75.0%)、千葉県北部(71.4%)の方々が「家全体」の換気を積極的に行っていることが確認されました。

さらに、家族が共に時間を過ごす「リビング・ダイニング(関東35.4%・全国38.9%)」や「寝室(関東34.6%・全国37.8%)」の換気も重視されており、これらの部屋はそれぞれ2位と3位にランクインしました。

関東地方では、特に「リビング・ダイニング」の換気は神奈川県東部(45.5%)、埼玉県南部(41.7%)で、「寝室」の換気は千葉県北部(57.1%)、神奈川県東部(50.0%)で高い割合を示しています。

また、湿気対策として「お風呂・トイレ(関東33.1%・全国33.4%)」や「収納スペース(関東20.0%・全国19.0%)」の意識的な換気も行われています。

換気方法については、「窓を開ける」が9割以上(関東93.9%・全国95.2%)と圧倒的に多く、「サーキュレーターなどで空気を循環させる(関東23.7%・全国20.9%)」や「エアコンを送風にする(関東19.8%・全国15.3%)」などの方法も取り入れられています。

換気にかける時間は、「数時間」が最も多く(関東53.4%・全国63.8%)、2日以上換気を行っている方は、関東で36.7%、全国で24.6%と、関東地方ではより長い時間換気に努めている家庭が多いことが分かりました。

換気をする際に整理整頓・片付けするか

家の中で物を動かし空気の流れを改善することで換気効率を高めている方が、関東地方で16.0%、全国平均で13.3%いらっしゃいました。

一見単純ながら、この手法は家具や家の中の物を動かすことで、空気の通り道を作り出し、換気を効果的に行うことができるというものです。しかし、実際にどれだけの人々が換気を目的として、あるいは換気の際に部屋の整理や片付けを兼ねてこの方法を採用しているのかは不明でした。

この点に着目し、最新のアンケートでは、換気と同時に部屋の整理整頓や片付けを行う人の割合についても調査が行われました。

換気を行う際に部屋の整理整頓や片付けも行う、あるいは時々行うと回答した人の割合が関東で約8割(78.8%)、全国平均で約7割(72.6%)に上ることが明らかになりました。

詳細な内訳では、「常に整理整頓・片付けを行う」と回答したのは関東で30.3%、全国では18.6%。「時々行う」との回答は関東で48.5%、全国で54.0%となっており、特に関東地方では換気時の整理整頓・片付けを積極的に行っている傾向が見受けられました。

地域別では、特に埼玉県南部で91.7%、千葉県北部で85.7%、東京都23区内で83.3%と、整理整頓・片付けを実施している割合が高かったです。

また、住環境タイプ別では、単身向けマンションで87.5%、ファミリー向けマンションで82.5%という結果が出ており、住環境によっても換気と整理整頓の取り組みに差があることが分かります。

さらに、自宅内の換気を試みると「結構な重労働になる」と感じている人が約半数(関東で54.8%、全国で45.3%)にのぼり、換気が単なる窓開け作業でなく、物を動かしたり、サーキュレーターや扇風機、エアコンを使用して空気の流れを作るなどの手間と労力を要する作業であることが浮き彫りになりました。

この結果は、日々の生活の中で換気と整理整頓に対する意識が高まっていることを示しており、効率的な空気の循環を実現するための工夫が多くの家庭で取り入れられていることを物語っています。

モノの移動や整理整頓をしていると自宅にモノが多いと感じる

換気する際にモノを動かしたり整理整頓を行うことで、自宅内にモノが多いと感じる・多少感じると答えた方は、関東で約9割(94.6%)、全国で約9割(90.3%)に達しました。

内訳としては、以下の通りです。

  • 自宅内にモノが多いと感じる:関東60.4%、全国51.8%
  • 多少感じる:関東34.2%、全国38.5%

この結果から、関東では全国と比較して自宅内のモノの多さが気になる方の割合が高い傾向が見られました。

関東の地域別に見ると、自宅内にモノが多いと感じる・多少感じる方の割合は、埼玉県南部で100%(26人中)、東京都23区外で96.3%と高い数値を示しました。

また、関東の住環境タイプ別(戸建・マンション・アパート等)においても、単身向けマンションで100%(24人中)、ファミリー向けマンションで100%(45人中)と非常に高い割合となりました。

梅雨以外でも自宅内の換気・空気循環に配慮しモノを減らしたい

梅雨以外の時期においても自宅内の換気や空気の循環を考慮し、モノを減らしたい、または時々そう思うと答えた人が、関東で90.6%、全国で87.3%に上ることが明らかになりました。

具体的な内訳としては、

  • モノを減らしたいと思う:関東55.0%、全国46.5%
  • 時々そう思う:関東35.6%、全国40.8%

という結果となり、関東では全国に比べて自宅内のモノを減らしたいと考える人の割合が高い傾向が見られました。

地域別に見ると、埼玉県南部で96.2%、東京都23区内で92.3%と、特に高い割合を示しています。

また、関東の住環境タイプ別に分析すると、単身向けマンションで95.8%、戸建で95.2%、ファミリー向けマンションで88.9%と非常に高い割合となっています。

さらに、アンケートでは自宅内の収納スペース等で場所を取っていると感じるモノについても調査を行いました。

自宅内の収納スペース等で場所を取っていると思うモノ

  • 衣類や趣味の道具類(ダイビング用品やスキー用具など)、それと暖房器具や扇風機などの特定の季節に使う電化製品(60代以上・フリーランスライター)
  • 節句の兜、スーツケース、来客用の布団(30代・専業主婦)
  • 衣類やふとんや食料品(水、ビール、お茶、米、インスタント食品等)のストック品(60代以上・無職)
  • 扇風機、ファンヒーター、クリスマスツリーや兜など季節装飾品(30代・会社員)
  • ウィンタースポーツ関係の道具、キャンプ用品、衣類、書籍(30代・会社員)
  • 餅つき機等使う頻度の低い家電、アルバム、来客用布団、座布団(50代・会社員)
  • 衣類、扇風機、スポーツの道具・用品、あまり使用しない道具・工具(40代・自由業)

上記の意見から、多くの人々がシーズンオフの衣類や寝具、家電、ひな人形や五月人形、クリスマスツリーなどの季節ものの装飾、スポーツやアウトドア用品、大きなスーツケースや使用頻度の低い道具、思い出の品などが自宅内で場所を取っていると感じていることが分かりました。あなたのご自宅でも、同様に場所を取っている物があるのではないでしょうか。

共通して言えるのは、「日々頻繁に使うものではないけれど必要で取っておきたいもの」が多くの家庭で収納スペースを圧迫しているという点です。

もし自宅の物の多さに悩んでいる場合や、日常的に使わない物が場所を取っていると感じる場合、トランクルームを利用するという方法も検討してみてはいかがでしょうか。

特に、換気を重視して自宅の物の多さを解消するためにトランクルームを利用する場合、以下のようなメリットがあります:

  • 収納スペースが不足している場合、必要なサイズに合わせてトランクルームを使えば、リーズナブルに収納スペースを確保できます。
  • 屋内トランクタイプのトランクルームを活用することで、自宅の収納スペースに近い安心の収納環境で物を保管できます。
  • シーズンオフの衣類や寝具、家電、季節の装飾、使用頻度の低い荷物をトランクルームに保管することで、自宅のスペースや収納スペースにゆとりを持つことができます。
  • 収納スペースにゆとりができることで、部屋に置いたままの荷物を収納しやすくなり、収納スペースのぎゅうぎゅう詰めが解消され、換気の際に空気の通り道を作りやすくなります。
  • 自宅スペースにゆとりができることで、物を動かしやすくなるだけでなく、そのままの状態でも換気が行き渡りやすくなります。
  • 換気が十分に行き渡ることで、湿気によるカビやニオイなどのトラブルが軽減され、物の劣化防止が期待できます。

自宅の物を処分して荷物を減らしたいけれど、必要最低限の物だけでも多くなってしまうと悩んでいるなら、トランクルームの活用を選択肢の一つとして考えてみるのも良いかもしれません。

まとめ


梅雨を控えた換気状況と自宅荷物の問題について、最新のアンケート結果でした。

調査によると、梅雨前に換気を実施する家庭は全国で約9割に達しており、家全体に換気を行き渡らせるよう心がけている人々が多いことが明らかになりました。特に、家族が過ごす部屋や水回り、収納スペースなど湿気が気になる場所を意識的に換気する傾向が見られました。

また、換気の際に整理整頓や片付けを行う人は全国で7〜8割に上り、空気の通り道を確保するための作業を重労働と感じている人は約半数に及びました。

さらに、換気の際に自宅内のモノの多さを感じる人は全国で約9割、自宅の荷物を減らしたいと考える人も同じく約9割に達しました。換気を意識することで、収納にぎゅうぎゅう詰めになった荷物や換気の妨げとなるモノに目が行きがちで、自宅内のモノの多さとスペースの不足が気になるとの声が多く寄せられました。

この問題の解決策として、トランクルームの活用が注目されています。必要な広さの収納スペースをコストパフォーマンスよく追加することで、自宅スペースや収納スペースにゆとりを生み出し、換気効率の向上や日々の荷物の出し入れがしやすくなるといいます。

梅雨の季節が近づいている今、爽やかな気候のうちに湿気対策として換気を実施し、自宅のモノとスペースの見直しを行ってみてはいかがでしょうか。


番外:【あなたのご自宅の近くにも!収納ピットのトランクルーム】おすすめ詳細エリア

◆神奈川県東部エリアのトランクルーム

神奈川県川崎市幸区:https://www.syuno-pit.biz/spot/kanagawa/kawasaki-city/kawasaki-saiwai-ku

◆千葉県北部エリアのトランクルーム

千葉県船橋市西船橋駅周辺:https://www.syuno-pit.biz/spot/chiba/funabashi-city/nishifunabashi-sta

◆埼玉県南部エリアのトランクルーム

埼玉県川越市川越駅周辺:https://www.syuno-pit.biz/spot/saitama/kawagoe-city/kawagoe-sta

◆東京都23区外エリアのトランクルーム

東京都東久留米市東久留米駅周辺:https://www.syuno-pit.biz/spot/tokyo/higashikurume-city/higashikurume-sta

この記事を書いた人

女性のライフスタイルやキャリア・カルチャーなどを担当するシュウシュウガール編集部チームです。最近はガチャガチャ情報や100均情報などかわいい・面白いものをニュースにしてお届けしています。

コメント

コメントする

目次