当ページのリンクには広告が含まれています

東京の縁結びの神様「東京大神宮」のご紹介 恋愛成就おすすめポイント3つ

  • URLをコピーしました!

片思いしているあなた、東京のお伊勢さま東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)はご存知でしょうか。

東京大神宮は〝結び〟の働きをつかさどる「造化の三神」をあわせ祀り、さらに神前結婚式創始の神社であることから縁結びのご利益で知られています。

(2023年7月9日の調査情報です)

目次

東京大神宮ってどんな神社?

東京大神宮は、明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として1880年(明治13年)に創建されました。

東京大神宮は「東京のお伊勢さま」と称され親しまれていて、伊勢神宮(内宮と外宮)の御祭神である天照皇大神と豊受大神、さらに倭比賣命を奉斎しています。

現在広く行われている神前結婚式は、東京大神宮が創始とのことです。

出典)東京大神宮のサイト:http://www.tokyodaijingu.or.jp/

東京大神宮の公式ホームページ:http://www.tokyodaijingu.or.jp/

東京大神宮のTwitter:https://twitter.com/tokyodaijingu?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
東京大神宮のInstagram:https://www.instagram.com/tokyodaijingu/?hl=ja
東京大神宮のFacebook:https://www.facebook.com/Tokyo.Jinja

東京大神宮の読み方は?

東京大神宮の読み方は「とうきょうだいじんぐう」です。

東京大神宮は縁結びだけではなく開運も?

東京大神宮には天地万物の生成化育つまり結びの働きを司る造化の三神があわせ祀られていることから、縁結びに御利益のある神社としても知られ、良縁を願う人たちの参拝も多く、その御神徳は実に広大無辺といえるとのことです。

家内安全・商売繁昌・厄除開運などのご利益もあるそうです。

【造化の三神(ぞうかのさんしん)】
◎天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
◎高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
◎神産巣日神(かみむすびのかみ)

東京大神宮の境内

東京大神宮の境内はご神木があり、小川も流れていて、また、緑も美しく、季節の花も咲いていて、都会のオアシス的空間となっています。

境内の案内は残念ながら公式サイトにありませんでした。

東京大神宮のアクセス方法・駐車場の有無・無料バスはある?

東京大神宮は東京都千代田区にあります。正確な住所は、東京都千代田区富士見2-4-1です。

東京大神宮の最寄り駅は「飯田橋駅」です。JR中央・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線、都営地下鉄大江戸線が通っています。各線の駅より徒歩約5分です。

駅からの無料バスは運行されてないようです。また、専用駐車場はありませんので、公共交通機関の利用をおすすめします。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次