当ページのリンクには広告が含まれています

4人に1人は神頼み☆「みんなの金運アップの方法」は?(2024年5月情報)

  • URLをコピーしました!

『365日お金を引き寄せる 円運年鑑 マンガでわかる行動マニュアル』(かんき出版)の作者であり、YouTubeチャンネル「金運上昇チャンネル」の運営者である金運師のたかみーは、25歳から70歳までの男女3,000人を対象に「金運アップの方法」に関する調査を行いました。

目次

金運アップに関するアンケート調査概要

調査期間:2023年1月23日
調査手法:インターネット調査
調査対象:25歳以上70歳未満の男女全国
サンプル数:3,000人
調査機関:Freeasy

※本アンケートの出典元:「金運上昇チャンネル調べ」
https://www.youtube.com/channel/UC0rvsDnTlvualb1EkgbxBzQ

金運アップに関するアンケート調査結果

「金運を上げたいか?」と聞いたところ、ほとんどの人が「はい」(89.6%)と回答し、「いいえ」は1割(10.4%)でした。

「金運を上げたいか?」と答えた2,688人に対する質問

「金運を上げたい」と答えた2,688人に対して、「金運を上げるために何か特別な活動をしていますか?」という質問をしました。その結果、6割(60.5%)の人が「特に何もしていない」と回答しました。

しかし、残りの4割の人は何らかの行動をしていることが判明しました。具体的な方法としては、「神社仏閣への参拝」が24.8%、「トイレ掃除」が13.1%、「金運の御守りを持つ」が12.2%となっています。

「金運を高めるために神社仏閣に参拝する」と答えた方に人気の神社は?

「金運を高めるために神社仏閣に参拝する」と答えた667人に対し、どの神社を訪れているのかを聞いたところ、最も多く訪れているのは神奈川県鎌倉市にある「銭洗弁財天宇賀福神社」で、その割合は19.9%でした。次いで、京都府京都市にある「御金神社」が17.7%で2位、東京都中央区の「小網神社」が12.7%で3位となりました。

一方、一般に「日本三大金運神社」とされる千葉県館山市の「安房神社」は9.9%で4位、石川県白山市の「金劔宮」は5.9%で8位、山梨県富士吉田市の「新屋山神社奥宮」は3.5%で10位でした。これらの結果から、特定の神社が金運アップに対して特別な影響を持っていると考えられていることが伺えます。

金運師・たかみーがオススメする「2023年のオススメ金運神社」!

・出雲大社(島根県出雲市)
 『古事記』の「因幡の白兎」のお話にあるように、出雲大社の御祭神である大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)がうさぎを助けたことから、うさぎとの関りが深い神社で、出雲大社には様々なうさぎの御像が飾られています。
 その年の干支は運気を上げるラッキーアイテムになるので、うさぎの御像を待ち受けにすると、2023年の御守りにもなります。
 また、東京・六本木にある出雲大社東京分祠も同様です。

・宇治神社(京都府宇治市)
 御祭神の菟道稚郎子(うじのわきいらつこのみこと)が、宇治を訪れる途中で道に迷ったところ、一羽のうさぎが現れて道案内をしたという言い伝えがあります。振り返りながら案内している姿から「みかえり兎」と呼ばれ、正しい道へ導くうさぎとして、良縁や正しい道への信仰を求めて訪れる人々が多数おり、境内の奥の「パワースポット」や「うさぎおみくじ」が大人気だそうです。

・鵜戸神(宮崎県日南市)
 「鵜戸さん」の名で親しまれている鵜戸神宮の神使はうさぎです。御祭神の鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)の「鵜」が「兎」と転じたことが由来して、うさぎが神使になったと言われています。撫でると願いが叶うとされる「撫でうさぎ」をはじめ、境内にはいたるところにうさぎがいます。毎月初めの卯の日には縁日祭が行われているうさぎと縁のある神社です。

たかみープロフィール

金運師として様々な運気上昇のサポートを行い、YouTubeチャンネル「金運上昇チャンネル」を運営しているたかみーは、登録者数10万人を超える人気を誇っています。中国の万年暦やマヤ暦、通書を用いた彼の独自の方法は、特定の日に何をすべきか、何を避けるべきかを的確に示し、高い評価を受けています。

もともとは金融会社に勤めており、3年6ヶ月連続でトップの営業成績を誇りましたが、自己中心的な行動が原因で人間関係にトラブルを抱え、自殺未遂や引きこもるなどの深刻な問題に直面しました。その過程で1,500万円もの借金を抱えることとなります。

そんな過去を乗り越え、物質的な利益を追求するのではなく、自身の経験や持ちうる力を全身全霊で伝える活動に専念するようになった結果、自然と金銭も手に入るようになり、借金も完済しました。彼は自分と同じような経験を他人がしないように、多くの人に影響を与えられるような活動を行っています。

昨年発売された初の著書『金運年鑑 365日お金を引き寄せる マンガでわかる行動マニュアル』(かんき出版)は7万部を突破し、今年1月にはさらに待望されていた2冊目の著書『鳳凰の金運上昇アクション 生きたお金のつかみ方、死んだお金の手放し方』(KADOKAWA)を出版しました。

この記事を書いた人

女性のライフスタイルやキャリア・カルチャーなどを担当するシュウシュウガール編集部チームです。最近はガチャガチャ情報や100均情報などかわいい・面白いものをニュースにしてお届けしています。

コメント

コメントする

目次