当ページのリンクには広告が含まれています

どうする?キャリアの分岐点「マンガでわかる共働き夫婦のキャリアデザイン」(2024年6月情報)

  • URLをコピーしました!

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンは、2024年5月24日に新刊『マンガでわかる 仕事と子育ての両立の壁にぶち当たった30代共働き夫婦が「キャリアデザイン」に本気で取り組んだら……』(著者:江口勝彦)を発売しました。本書は、仕事と子育てを両立しながらキャリアを築くコツをマンガ形式で分かりやすく解説しています。

目次

『マンガでわかる 仕事と子育ての両立の壁にぶち当たった30代共働き夫婦が「キャリアデザイン」に本気で取り組んだら……』とは

本書「キャリアデザインのススメ」では、メッセージを読者に共感してもらい、特に本をあまり読まない人にも理解しやすいように、各章の冒頭にストーリーマンガを挿入しています。

物語の主人公は山村義彦さん(35歳)。彼は大学進学を機に上京し、そのまま東京で就職。現在は友人の紹介で知り合った同郷の妻と愛娘の3人で都内のマンションに暮らしています。

育児休暇から復帰したばかりの妻は、新プロジェクトのメンバーに抜擢され意気込むものの、保育園からの呼び出しなどで思うようにいかない日々が続いています。

そんな中、山村夫婦が仕事と育児の両立に直面する場面から本書の物語は始まります。キャリアコンサルタントである著者のもとには、特に仕事と子育ての両立に関する悩みが多く寄せられています。そのため、本書では山村夫婦のケースを中心に、キャリアデザインについて深く考察していきます。

昨今、状況は10年ひと昔どころか、1年の間でも大きく変わっていきます。ついていくだけでも大変な中で、あらゆる会社で成長が求められ、私たちを取り巻く環境は日々激変しています。そんな中で、どうキャリアを築いていけばよいのか、迷うのも無理はありません。

本書は、山村夫婦のケース以外にも、介護や健康問題など、さまざまな事情で現在の働き方を見直さなければならない現実に直面している人々に対しても触れています。休職や退職を余儀なくされる方も少なくありません。

しかし、その選択が本当に自分で納得して出したベストな答えなのでしょうか。本書の主人公たちは、お互いに働きながら、子育てもできる方法を模索します。そこで重要となるのが「キャリアデザイン」です。

この新刊「キャリアデザインのススメ」は、仕事と育児の両立に悩む現代の読者に向けて、共感を呼ぶストーリーマンガを通じて、キャリアデザインの重要性を伝えます。

著者 江口勝彦氏は15年間、2000人以上のキャリアと向き合ってきました

江口勝彦氏は人材紹介会社の経営者で、地方への転職やUIターン転職を考える人々への15年にわたる支援経験を通じて、「キャリアデザイン」の重要性を説く新たな視点を提供しています。人生の多様な価値観と目標に対応するキャリアの形成が、単なる年収や福利厚生の比較にとどまらない深い意味を持つことを明らかにしました。

特に地方やUIターン転職では、生活環境の変化や家族の未来に対する考慮が必要となり、短期的な利益を超えたキャリアデザインが求められます。著者は、自身のバスケットボール選手としてのキャリアから学んだ教訓を生かし、個々の価値観に基づいたキャリアデザインの実践を推奨しています。

著者の経験から、仕事だけでなく人生全体を通じて納得できる選択をするためには、仕事観、家族観、人生観を踏まえたキャリアデザインが不可欠であることが強調されています。著者のメッセージは、自分らしいキャリアを築くことの価値とその実現方法について、読者への深い洞察を提供しています。

著者情報江口勝彦(えぐち・かつひこ)

株式会社エンリージョン 代表取締役/キャリアコンサルタント

1978年に生まれ、千葉大学を卒業した後、プロバスケットボールプレイヤーとして活躍。その後、リクルートにてセカンドキャリアを歩み、2010年には地方特化型人材紹介業のパイオニアとなるエンリージョンを立ち上げた。現在では、経営者としての役割を担いつつ、キャリアコンサルタントとして転職支援やキャリアデザインサービスを手掛けている。エンリージョンは、クライアントだけでなく社員自身のキャリアデザインにも注力することで知られ、その結果、2024年の「働きがいのある会社」日本版ランキングでベスト100に選出された。また、著書『30代から地元で暮らす 幸せのUターン転職』(幻冬舎刊)も出版している。

「仕事にも人生にも絶対の正解なんてない」
自分が出した“納得解”が、自分にとっての“正解”なのですから。それが、幸福に一番、近づける方法です。その意味では「幸福解」と言い換えることもできるでしょう。
十人十色のゴールがある。そこにたどり着くための道も数え切れない。
本書が読者の皆さんのキャリア構築の一助となれば幸いです。キャリアデザインを描くことで自分が理想とする生き方を探り、よりよいキャリアを築かれることを願っております。

『マンガでわかる 仕事と子育ての両立の壁にぶち当たった30代共働き夫婦が「キャリアデザイン」に本気で取り組んだら……』の詳細情報

タイトル:『マンガでわかる 仕事と子育ての両立の壁にぶち当たった30代共働き夫婦が「キャリアデザイン」に本気で取り組んだら……』
発売日:2024年5月24日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:A5判並製/200ページ
ISBN:978-4-910286-44-0
定価:1650円(税込)

【目次】

はじめに
主な登場人物
Prologue 「このままでいいのか?」仕事と人生を本気で考える
Chapter1 「どう生きる?」自分と真剣に向き合う
Chapter2 「どこで、どう働く?」多様化する社会での選択肢
Chapter3 「何をすればいいの?」本気で転職したいと思ったら
Chapter4 「納得解を見つける!」理想の人生を実現するために
Epilogue 「幸福解を生きる」納得して選べば、すべてが正解だ
Appendix キャリアデザインで人生を変えた人たちの声

この記事を書いた人

女性のライフスタイルやキャリア・カルチャーなどを担当するシュウシュウガール編集部チームです。最近はガチャガチャ情報や100均情報などかわいい・面白いものをニュースにしてお届けしています。

コメント

コメントする

目次